医薬品の荷役に関する日本語のeラーニングコース

医薬品の輸送が成功するたびに、誰かの生活の質が向上します。エアポートカレッジ・インターナショナル医薬品貨物オンラインeラーニングコースは、医薬品および時間と温度に敏感なヘルスケア製品の取り扱いに関連する知識、理解、実践的スキルを習得するための人材育成を目的としています。 

医薬品貨物オンラインeラーニングコース

Vaccine Production Line

ファーマフォーラム 航空会社
 

  • エアライン関係者

  • パイロットとロードマスター

  • 航空会社代表者

  • カーゴGSA担当者

医薬品 グランドハンドリング
 

  • ランプハンドリング要員

  • 空港運営関係者

医薬品 貨物ターミナル
 

  • 航空貨物ターミナル要員

  • 航空郵便物取扱者

製薬会社向け フォワーダー
 

  • フォワーダー

  • 貨物ターミナル関係者

  • クーリエとエクスプレス小包取扱者

ファーマフォー ドライバー
 

  • トラック運転手

  • 集荷・配達を担当するスーパーバイザー

本コースは、「医薬品の適正流通規範に関するガイドライン」、「IATA生鮮貨物規則第17章 時間・温度に敏感なヘルスケア製品の航空輸送ロジスティクス」に準拠した内容となっています。

学習目標

このコースを修了すると、受講者は以下のことができるようになります。

  • 医薬品の流通過程には規制があることを理解する

  • 医薬品貨物取扱いのガイドラインと標準を学ぶ

  • 医薬品ロジスティクスチェーンにおける自身の役割と責任について理解する

  • イレギュラーの管理、報告方法を理解する

法規制の遵守

最終テスト情報
  • 期末テストの配信方法。非監視型オンラインテストは、コースの最後に受験することができます

  • テスト形式 多肢選択問題

  • 問題数 20問(問題集から出題)

  • 合格点 80%以上の正解



     

コース参考資料
  • 本コースは、医薬品の適正流通規範(GDP)に関するガイドラインに準拠しています。

  • IATA Perishable Cargo Regulations Chapter 17 - Air Transport Logistics for Time and Temperature-Sensitive Healthcare products(IATA生鮮貨物規則第17章-時間と温度に敏感なヘルスケア製品のための航空輸送ロジスティクス)。

言語バージョン
  • イングリッシュ

  • やまと









     

file0.jpg

医薬品輸送に携わるオペレーション担当者は、各自の職務と責任に関連したトピックについて定期的にトレーニングを受けることが求められています。

エアポートカレッジ・インターナショナルは、航空会社、グランドハンドリングエージェント、ロジスティクス会社がトレーニング基準を満たすことができるよう、医薬品貨物トレーニングコースでお手伝いします。

file0.jpg

東京オフィスへのお問い合わせ、資料のご請求はこちら

横山 猛

Head of operations, Japan | 日本地区代表

takeshi.yokoyama@airportcollege.com

+81 90 9153 2525

 Airport College International K.K.

〒107-0061 東京都港区北青山2-7-13 プラセオ青山ビル3階 

info@airportcollege.com
https://www.airportcollege.com/

コースのご注文・お問い合わせはこちら

お問い合わせありがとうございます。